2018/8/9(木)玄関網戸をDIYしてみました。

こんにちは。福岡南店の山本と申します。暑い日が続きますね。

さて、私は先月の休日に玄関ドアに網戸を設置したいと思い、DIYに挑戦してみました。
普段ほとんどこういうことに取り組んでいませんが、まずまず簡単にできそうだったのでネットで部材一式を購入。


<費用、準備>
まず始めに、今回かかった費用は、

網戸の本体と、オプションの段差解消用の枠を購入
・・・約22,000円
到着後に、取扱説明書を読んだ上で必要そうな工具(金槌、金鋸)をホームセンターにて購入
・・・約1,300円

その他にプラスドライバーを準備し、開始です。

まずは我が家の玄関ドアですが、上の写真のように中から見て右側に袖がついているタイプとなっています。余談ですが、袖のついていないタイプだと網戸本体がもっと簡素で価格も半分くらいのもので済ませることができます。

<第一工程>
まず最初の工程として、左側の既存の木枠の足元付近に段差があり、このままでは本体を設置できないのでオプションで購入した枠を上から取り付けます。






左側の白い枠が既存のもの、黒い枠が新設するものです。

さて早速ここで問題が発生します。

説明書には同梱している釘で固定しろと書いてありますが、既存の枠が硬くて釘が入りません・・・。
設置するほうの枠の裏面には両面テープが貼ってあり仮の固定は出来ますが、こちら側に網戸がつきますので、当然何度も引っ張られてテープだけでは耐えられなくなります。

少し考えた末、家にあった瞬間接着剤を枠の間に流し込んで貼り付けることにしました。
また、既存枠も部位によっては釘が入る箇所があったので、2本ほど釘を打ち、残りはところどころ接着剤を流し込みました。引っ張ってみてもしっかりと固定されている感じなので、大丈夫・・・だと思います。






問題の段差部分。スポンジを貼り付けて解消することになっています。

ひとまずこれで第一段階が完了。すでに1時間超が経過してしまいました・・・。

<第二工程>
続いて、反対側に網戸を受けるための枠を設置します。

こちらは釘ではなく、ねじで留めるように説明書にはあります。

が、ここで第二の問題が発生します。

説明書にはドライバーが必要と書いていましたが、新設枠を既存枠にねじ留めするにはどう考えても電動ドライバーが必要なような・・・。
少し考えた末、先ほどの工程で使用した釘が余っていることを思い出しました。

この釘を使って・・・






まず既存枠まで釘を打ちます・・・。






一度抜きます・・・。






出来た穴にねじを留めていきます・・・。

子どものころ遊んだ、ミニ四駆での『肉抜き』の工程を思い出す面倒臭さです。
(肉抜きしたいラインに沿ってピンバイスという極小ドリルで穴を空ける→穴と穴の間をニッパーで切り取っていく→凸凹をカッターナイフ等で均一にならす→紙やすりできれいに角を取る。ちなみに私はライターで炙ったカッターナイフをボディに差し込む手法を利用していました。溶けていくプラスチックのボディから身体に大変悪そうなニオイがしたのを覚えています)

これを四度繰り返してようやく設置完了。

まだ全工程の半分も終わっていませんが、開始から2時間半が経過・・・暑さで汗だくになりながらの作業が続きます。

<第三工程>
続いて、足もとと頭上の横に渡す枠、つまりレールにあたる部分を設置していきます。

まずは両側の枠から枠への距離を測り、金鋸でその長さに切ります。
116センチありました。ひとまず足もとのほうを金鋸で切っていきます。

土間には釘もねじも打てないので、両面テープで直接貼り付けます。

長さが足りない!!!


どうやら切るときに116センチとして印をつけていたのが106センチだったみたいです。


失敗です。こうして今回のDIYは唐突に終わりを告げました。